転職活動で好印象を与えるためのコツ

熾烈な就職活動を乗り越えて入社しても、何らかの理由で転職をする人もいます。しかし、その際「一度社会を経験しているし、今までの実績があるから大丈夫」だと考えている場合は問題があります。

転職時の面接において大切なのは、相手に好印象を持ってもらうことです。いくら実績があっても、印象が良くないと採用されることはないでしょう。とはいえ、ちょっとしたことに気を付けるだけで、相手に好印象を与えることができるので、実践してみてはいかがでしょう。

学生の頃に就職活動をした人は、リクルートスーツで面接を受けることがほとんどです。しかし、業種によっては、実際の勤務ではスーツが必要ない企業もあります。そのため、普段からスーツを着ないからと、面接でも着用しない人がいます。ですが、初対面での印象は重要ですから、転職の際には面接の時にスーツを着用することをおすすめします。

それから、面接時間に遅れることは厳禁です。最低でも5分前には到着するようにしましょう。遅れてはいけないと思って、30分も前に到着してしまう人もいますが、あまり早すぎるのも良い印象は与えません。そういった場合は、どこか近くで時間を過ごしてから訪問するようにてください。

そしてもし、面接の際に名刺をもらうことができた場合は、帰宅後にお礼のメールをすることもポイントです。面接終了後に、お礼のメールを出す人というのは少ないため、他の人より印象に残りやすいというメリットがあります。メールの内容は、面接のお礼や感想、これからの意欲などを簡潔にまとめるようにするといいでしょう。