身だしなみの重要性

転職活動における身だしなみは、大学生時代の就職活動を思い出すことで最良の姿が見えてきます。初々しさや恥ずかしさを感じて、今のスタイルのまま転職活動をする方も多いですがその気持ちが採用を遠ざける可能性もあります。

「少しぐらい髭が伸びていても良いだろう」「スーツにシワがあるけど問題ないだろう」という気持ちは慢心以外の何ものでもありません。現実的には、髭やシワ程度で門前払いをされる可能性は低いものの、気の緩みを察知されると厳しい状況に追い込まれます。そのため、ポイントは、いかに派手さや個性的過ぎる格好を抑えるかです。目立つというのは悪いことではありませんが、中身でアピールできなければ結局見掛け倒しという印象になってしまいます。

だから、採用されるためには、受ける会社が嫌うような身だしなみを避ける必要があります。例えば医療関係の仕事であれば、特に清潔感が重要になるので、爪が伸びていたり、スーツにフケが目立つなどの姿は最悪です。自分の身だしなみにも気を配れない人間に、医療の仕事は任せられないと思われてしまいます。清潔感はどの職場でも重要な要素ではありますが、今一度自分は採用されるに相応しい格好をしているのか確認したいものです。

それから、身だしなみは服装だけの問題ではなく靴や鞄にも注意を払う必要があります。決して安価なアイテムではありませんが、だからといってボロボロの状態では、人に良い印象を与えることはできません。面接官は細かい部分も見ているのです。

このように、第一印象は面接の合否を大きく左右します。転職活動で希望の職場に就くためには、ヘアースタイルや服装をキチンと整えるようにして、身も心も万全の状態で臨むようにしましょう。